フォレスターの収納スペースはかなり広いでしょう。だから、よく考えて使用すればよいですね。
基本的にフォレスターのような自動車は最低限の収納スペースがあるだけで、搭乗者のことを考えて制作されています。もちろん、フォレスターもそのようなことを考えて制作されているのですが、収納面にもよく考えて設計されているでしょう。後部部分が収納可能となっているので、後部に人が居なければその分だけ収納スペースが確保することが出来るでしょう。他にもボックスタイプの収納スペースや吊り下げるために使えるリヤゲートフックがあります。これらにより収納がとてもしやすい自動車となっているでしょう。

 
フォレスターは、上記のように収納に優れた自動車になっているので、大荷物を運ぶ時に便利ですね。だから、よく考えて使用するようにしてください。キャンプなどに移動するときには、収納が多い方が非常に便利というメリットがあります。メーカーのカタログなどを参考にすると、どのような方法で何が積めるのか、などおおよその目途がつきやすいので、ぜひ参考にしてみてください。実際に長距離の移動を考えている人は、予想以上にこの収納の部分が大きくなってしまうというところがあります。そのあたりの時情も考慮して、何が望みなのか、ということを想定して選択できるようにしておくのが望ましい方法になってくるのではないでしょうか。